シャンママとはなこっちの育児日記


by shandy3
カレンダー

<   2005年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 ミミたんはとてもオシャレである~♪
可愛いリボンを着けてあげるととても喜んでくれる。
また、最近わかったことだが、可愛いお洋服を着せると、可愛いポーズまで決めてくれる!
「ミミたん♪ミミたん可愛いね~♪」
と言いながら頭をなでなですると、ククックク~ンと可愛らしく鼻を鳴らして喜んでくれる~♪
本当に可愛らしい~♪

 我が家のもう一人の娘~クリスティ~♪
とても美人である♪しかし~?彼女の美的センスは、はなこっちには理解できない♪
お昼休みの時間~それは彼女たちの午後からの衣装(毛並み)を整える時間でもある。
ミミたんは素直に従い~ブラッシングすると光輝く毛並みを十分に美しく整えさせてくれる。
クリスティ・・・・・・
彼女は、はなこっちの美的センスに不満を思っているらしい?
はなこっちはブラッシングし、自然の毛並みの美しさを貴重としたファッションをクリスティに望んでいる。
 しかし、クリスティは東京という大都会で生まれ、幼少の頃を過ごしたせいだろうか?
かなり斬新なファッションを好むようである。
まず、ブラッシング~これは転げまわりながらも抵抗無くさせてくれる。
そして、頭のリボン♪これは殆どがはなこっちのオリジナルである。
最近のクリスティは赤いリボンが良く似合う~
さて、これで身だしなみは整ったハズだが・・・・・・

 ココから先!クリスティは独自のセンスを用いるのである。
まず!気に入らないのはきれいに結ばれた頭のリボンである。
それを、絨毯に何度か擦り付け、縛った毛先を静電気で毛羽立たせる!
顔の廻りの毛も同様にする。
仕上げは全体に軽く静電気を纏わりつかせ、体全体の毛をふんわりと立ち上げる~
これにてクリスティファッションは出来上がり♪

 写真は製作過程と完成写真です~♪
c0038983_21321327.jpg








c0038983_21323279.jpg
[PR]
by shandy3 | 2005-03-31 21:35

アニーと一緒に・・・。

ボクとシャンディは今まで2回、「水元公園」に連れてって貰ったんだけどね、ママの掲示板を見たアニーママがね
「水元公園って綺麗で素晴らしい公園みたいね。
家からはそんなに遠くも無いのに一度も行った事が無いのよ。
今度一緒に連れてってよ~。アニーも喜びそうだわ~。」

・・・という訳で、「花粉症のママと風邪を引いているパパの体調が良かったら・・・。」
という約束だったんだけどね、来週だと「お花見」で公園も混みそうだしって事で、急にこの間の日曜日に又行く事になったんだよ~。
お天気も良いという事で、ママは「お弁当」まで作っちゃったんだよ~。
でも、朝はママはホラ~、早く起きれないでしょ?
又もパパに起こされて、やっと起きたの。
殆ど前の夜にお弁当の準備はして有ったみたいだけどね、それでも間に合わなくて、パパに「おにぎり」を作って貰ってたよ~。
それからボクたちのお肉も焼いてくれたよ~。パパが・・・。
^m^
お天気も最高だったし、ホントに気持ち良かったよ~。
c0038983_182554.jpg

c0038983_1833685.jpg

アニーは「クッシング病」だと言う事が分って、アニーのママもパパも死ぬほど心配していたけど、精密検査の結果、まだ初期でお薬だけで済みそうなんだって。
とっても元気だったんだけどね、先生に食事制限されていて、おやつもお肉も一切無しなんだって・・・。
いつもママが軽井沢の別荘でアニーにそっとお肉を上げたりしていたから、アニーはママの側から離れなかったんだよ~。
ポッケの中まで探していたの。(^^)
ママも上げたかったみたいだけど、しょうが無いよね。
でも、アニーママがちょっとだけ「きゅうり」を上げてたよ~。

c0038983_18264331.jpgc0038983_18285831.jpg

お弁当を食べてから又暫くお散歩をして、それから広い芝生の所に行ったの。
ワンちゃん連れが一杯いて、皆楽しそうにかけっこしたりしていたよ。
それでね、ボクもとっても可愛い黒のプードルちゃんがいたから、一緒にに遊ぼうと思ったのに、その子が逃げ回るからついつい追い掛け回しちゃったの。
ボクも走るのは早いけど、そのプーちゃんも早い早い!
ママに「ブランディ、止めなさい!」
って怒られちゃったけど、楽しかったな~。
プーちゃんも楽しかったみたいだよ。
でもね~、この前に来た時にも「鳩」が沢山芝生にいたから追い掛け回していたら、ママにすっごく叱られちゃったの。
「貴方はシャンディと違って、糸が切れた凧みたいになっちゃうんだから、行方不明になったらどうするの!」
だって~。
ボクはそんなバカじゃないのに・・・。
お部屋でボール遊びしていてドアに頭をぶつけた事は2回だけ有るけどね~。
c0038983_18405643.jpg


それからね~、公園には「バードウォッチング」が出来る場所も有ってね、「鵜」まで沢山いるんだよ~。
アニーママたちもこの公園がとっても気に入ったみたい・・・。
だから、「今度又連れて来てね~、お弁当付きで~。」
とか言ってたよ。
(^^)
ママ~、又連れてってね。
c0038983_1846854.jpg


[PR]
by shandy3 | 2005-03-30 18:50

クッキー君♪

クッキー君は、クリスティの三番目に遊んだ?
ビーグルの男の子です。去年の3月18日生まれで、クリスティと同じ年なのです~
クリスティとの出会いは去年の8月~
はなこっちの従姉のお家へ遊びにいったらクッキー君が元気にお出迎えしてくれました。
クリスティはクッキー君と仲良しになりたったのですが・・・・
クッキー君のパワフルなのには流石のクリスティも敵いませんでした。
流石!ビーグル犬!!!!!
ミミたんはクッキー君とクリスティのドタバタを回避するため、テーブルに下に避難しています。

そのクッキー君・・・・実は、昨年の5月にクッキー君のパパがクッキー君に一目ぼれして、家族に内緒で連れてきてしまったのです。
お家は新築1年目、クッキー君の一番上のお兄さんは高校生、次のお兄さんは小学2年生、末のお姉さんは小学1年です。
ママは当然猛反対!!!!!
他の家族に塾、学校、部活の送り迎え!ママ自身も4月から働き始めたばかりだったからです。

いたずら盛りのクッキー君~忙しいママが家事をしている間、お仕事をしている間は玄関にある自分のお部屋の中に居なくてはなりません~
下のお姉ちゃんとお兄ちゃんが帰ってきても、おもちゃを壊すからといってなかなか出してもらえません。
忙しいお父さんが、仕事から帰ってきてやっと居間に入れます。

クッキー君~はなこっちは少し可哀相でクッキー君のことを書くことができませんでした。
ある日クッキー君のママがはなちゃんのお家に遊びにきました~
ミミたんとクリスティとも遊んでくれました。
そこではなこっちは、クッキー君の事を聞いてみました~
3月18日クッキー君の誕生日~ママは忙しかったけど、パパはお祝いをしてくれたそうです。
パパがお風呂に入るとき、クッキー君も一緒にお風呂場に入りパパと一緒にいるそうです。
下のお兄ちゃんとお姉ちゃん~今年の春からは小学3年生と2年生~
去年よりずっ~と大人になりました。
学校から帰ってきてから、クッキー君と3人でお散歩にもいけます。
最初は怒っていたママも少しはご機嫌が治ってきました。
(新築の家をカジられ~新しい家具をカジられ~・・・・・・ママが一番大変!!!)
そんな話を聞いてほっとしたはなこっちでした。

クリスティとミミたんと一緒にクッキー君のお家へ遊びに行きましょう~♪
椅子の下に隠れるミミたんと、クッキー君から逃げるクリスティの写真が見つからない!!
仕方がないので普段のクリスティ~
この顔なら毎日写せます!!
c0038983_12352712.jpg

[PR]
by shandy3 | 2005-03-29 12:36
「ホワイトペキニーズ譲ります」

はなちゃんがこの広告を見たのは夕方だった。
すぐに夕飯を食べ、この日はスパーの見切り品を買いにいきたかったので、
その時、はなちゃんは、よく読んでいなかった。

ホワイトペキニーズ譲ります。
メス、白
サークル、食事皿、マット、付属品すべて付けます。
連絡先・・・・・・・
はなちゃんが言うのには、白黒の写真だけどとても美人さんで目が私に似ている見たい~
私はミミたんと二人はなちゃんの車の中でそのお話を聞いていたの~

晩~はなちゃんはお風呂上り、その新聞広告を又見ていたの~
というより、その新聞は、はなちゃんの住む地方全域に無料で配られる新聞で、
色々な広告!情報!お役立ち情報もたくさん載っているの~
もちろん!子猫、子犬譲ります。
迷い猫、ワンコ、探しています!預かっています!情報も!!!
はなちゃんがね~それを見つけるたび私に言うの!!!
「クリスティ~此処に迷子犬の広告は出したくないわ・・・・・」
「ね~クリスティ~」
チロっと横目で私を見るの!!失礼な!プン
私だって去年に比べれば大分大人になったのよ~!!!

ホワイトペキニーズ譲ります。
メス、白 13才
サークル、食事皿、マット、付属品すべて付けます。
連絡先・・・・・・・

はなちゃんいが一瞬固まっていたのが私ににもわかった。
その可愛い真っ白な女の子は13才だったの~
何があったのだろう~
13才で「譲ります?広告!」
はなちゃんはその広告をもう一度読み直しながら、静かに怒り、そして悲しんでいた。
その広告にはその子の名前も、性格も容姿も書かれていなかった。
容姿は写真で見る限りはとても美人だけど・・・・
なぜ?本当にやむにやまれぬ理由があって家族を手放す場合は、
何時もは丁寧な温かみのある言葉で、その子の名前、性格などが書かれていているのに、
なぜ?ホワイトペキニーズちゃんは何も無いの?
もしかして病気なの?なぜ?
はなちゃんは私とミミたんを抱き寄せ、しばらく考えていた。

はなちゃんが想像した結論は・・・・
きっと子のこの家族はこの子を残して逝ってしまたのであろう~
困った親族がこの広告を・・・・・・
それが最善の想像だった。
ちゃんとした家族がいて13才の子を放りだすわけないし、13年も一緒に暮らした家族なら、
名前も何も無い無機質な、広告を出すわけが無い!!!

そして、はなちゃんが改めてした決意は!
ミミたんと私がいる限り、大きい病気はしないし健康でいるわ~ということらしい。
それは、私達二人が何時か自然のお迎えがきて見送る悲しさより、
私達二人を孤独にさせるほうが辛い・・・・・・から・・・・

はなちゃん、ミミたん、クリスティ~何時までの仲良く健康で暮らせたらいいね~

写真は雪の中の二人~また11月までこんな写真は写せないね~♪
c0038983_20255571.jpg

[PR]
by shandy3 | 2005-03-28 20:29

暗闇の中・・・・・・・

深夜就寝前・・・・暗闇の中・・・・
カリカリ・・・ポリポリ・・・・音が聞こえる。
闇夜に居間から聞こえる不気味な音・・・・・
私を抱きしめながら恐る恐るはなちゃんが灯りを点けると・・・・・

一心不乱にドライフードを食べる、ミミたんがいた。
パリパリ、ポリポリ・・・
美味しそうに食べている。
私が近づくと、
「ウウッ!!!!!」て、本気で怒るし!
はなちゃんと二人でしがらく様子を見ていた。
カリカリ・・・ポリポリ美味しそうに食べている。
20分ほどしてから、満腹になったミミたん♪
「ゲップ~」と一息入れて、次はお水を飲み始める。
お水を飲み終えやっとひと心地ついたミミたん・・・・
私とはなちゃんの方を見て~
「ワタチ、もう眠たいの~早く寝ましょ♪」
ですって!
私とはなちゃんは眠たいのを我慢してミミたんを待っていたのに~

ミミたん・・・・ドライフードが気に入らなったり、何かお気に召さないことが溜まると、断食を始めます。
でも・・・・・・3日もすれば・・・・・・
人気のない時を見計らって・・・・・食べ始めるのです・・・・。

ミミたんって・・・見かけによらず、おデブさんなのよ~

BYクリスティ

クリスティは今日お買い物に出かけて車でミミたんとお留守番している時に、はなこっちが買った、「チョコレートデニッシュ」盗み食いしたら、お腹いっぱいなんでしょ!!!

BYはなこっち

写真は今の二人~♪
c0038983_2242093.jpg

[PR]
by shandy3 | 2005-03-27 22:43

あのね、昨日ね・・・。

ママはとっても忙しかったみたい・・・。

朝からずっとパソコンで、何だか旅行の為に色々検索したり、電話をアチコチかけたり貰ったりしていたの。
ボクとシャンディは大人しく側で見ていたんだよ~。
あの、ちょっとだけ煩くして
「ブランディ、うるさい!」
って、怒鳴られたりしたけど、時々オモチャを投げて遊んでくれたり、お散歩にも付けてってはくれたんだけどね。

それでね、昨日は「弓姐」ってママが呼んでるネット友達からも電話が有ってね、ママも以前は良くネットで行ったり来たりしていた「timママ」さんちのtim君がね、一昨日急に「心臓発作」で亡くなっちゃったんだって・・・。
電話で話しながらママも泣いてたよ。
tim君はね、色々前から病気を持ってはいたんだけど、それでもずっと元気にしていたんだって。
時々は酷い皮膚炎で体中が真っ赤でママがいつも「可哀想に・・・」
って萩ママさんの所で写真を見ては言っていたんだよ。
timママさんはね、捨てられたワンちゃんや猫ちゃんを全部で4匹も飼っていたんだけど、どのワンちゃんも猫ちゃんも可愛くてね、特にtim君の事をママはとっても可愛いと思っていたみたい・・・。
でも、今月は暫く調子が悪くてtimママさんもお仕事を休んで看病していたんだけど、先日は「timも少し元気になりました。」
って、萩ママさんのとこにカキコミが有って、ママも安心していたらしいのにね。
tim君、ボクは良く知らないけど、まだ5才だったんだって。
可哀想だね。

ママはHPを始めてから沢山のステキなネット友達が出来て、とっても喜んでいるんだけど、やっぱりこういうワンちゃんの訃報を聞くと、まるで親戚の子が亡くなったように悲しいって言ってるよ。

ボクもシャンディもずっと元気でいるから、ママ、心配しないでね。

たまにはちょっとだけ悪戯はするけど、あんまり怒らないでね。
c0038983_12573393.jpg

ママが花粉症でしょっ中使っているティッシュで遊んでみまちた・・・。
^_^;
ママが
「あ~~~っ、これはローション入りの高いティッシュなのに~!
こらぁ、ブランディ!!!」
たった今、「怒らないでね」ってお願いしたばっかりなのになぁ~。
o( _ _ )oショボーン
[PR]
by shandy3 | 2005-03-26 13:09

今日は~雪

今日は昨日までの春の訪れを感じる天気が嘘の様な肌寒い一日でした。
お昼過ぎから雪も降り始め、夕方には周りの風景はすっかり冬景色の逆戻り、きれいだけど少しがっかりのはなこっちでした。
せっかく、早咲きのチューリップの芽も出たのに!!!!
でも、我が家のお姫様二人は大喜び!
特にスモールレディーはね~体はビックだけど・・・
せっかくの雪なので夜のお散歩には少し早いけど、ミミたんとクリスティの散歩に行ってきました。
c0038983_21254133.jpg
夜のお散歩はミミたんの用が済んでしまえば、フリータイム!!!
はなこっちの家の前の歩道は幅が2メートル以上で広々としています。
見通しも良いので、夜に限りミミたんとクリスティのリードを繋いで二人を自由にします。
ミミたんは日中でもリードが要らないぐらい、はなこっちの云うことをよく聞きます。
「ミミたん~早くおいで♪ストップ!!!!帰るよ~♪」
きちんと言葉を聞き分けてくれます。
・・・・・クリスティ~は無理ね。興味の趣くまま・・・・・・でも!!!
ミミたんと繋いでおけばクリスティを自由にしても大丈夫!
クリスティが好き勝手に道路に出ようとしたらちゃんと安全な方へ引っ張ってくれます。
頼もしいミミたん~♪
ミミたんに叱られながらもクリスティは自由気ままなお散歩を楽しんだのでした。

写真は寄り道をするクリスティを引っ張るミミたん~
そして久々の雪を楽しむクリスティ~♪
c0038983_21265297.jpg

[PR]
by shandy3 | 2005-03-25 21:28

番外編~小さな命

今日も、お昼の散歩の時間にミミたんとクリスティと3人で、小さな春を楽しんでいました。
吹く春風に、軒を滴り落ちる屋根の雪解け水の音、そして小鳥のさえずり~
「ピチピチ・・・チッチッチ・・ピーピー・・・チッチ」
差す日差しも暖か味が出てきました。
春が来た~と、思う私でした。

短い春を探す散歩を終え、家に入ろうとした時でした。
「バスッ!!!!ドン!!!!」
「パタパタパタ・・・・・・」
物音がしました。
振り返ると、野鳥のシジュウカラが会社の二階の窓の下に落ちていました。
そうです。物音はシジュウカラが事務所の二階の窓に当たった音だったのです。
そっと、近づいて見ると・・・・・・
シジュウカラは息も絶え絶えでした。
地上からの高さ4メートルから落下したのです。大変なことです。
私は手の掌の上に小鳥を乗せ、家に戻りました。
c0038983_23134830.jpg

ミミたんは心配そうに、クリスティは興味津々で小鳥を見ていました
一羽は血を流し・・・・助かりそうにありませんでした。
もう一羽は外傷もなく脳震盪を起こしているだけのように見えました。
家は何かと騒がしいので(クリスティが・・・・)事務所に2羽を連れて行きました。
新しいタオルの上に小鳥を乗せ、上から籠を被せて様子を見ることにしました。
でも・・・・・・・その準備をしている間に重症の1羽は動かなくなっていました。
私の手の中で、まだ体も温かく生きているかのように温かいのに・・・
もう1羽はゼイゼイを荒い息をしています。
羽を骨折した様子はないし、落ち着けば何とかなるかも!!!!
一人はさびしいだろうと思い。小さな亡骸も一緒に用意した籠に入れました。

私が2羽を見つけてから、30分が過ぎました。
まだ、生きている方もなかなか正気に返りません・・・・・
春がもうすぐとはいえ、外の気温はまだ低く昼の三時を過ぎると冷え込んできます。
夕方までに仲間のいるところに帰れないとせっかく助かったのに、
生き延びることが難しくなります。
羽を刺激しても動きません。息を荒々しくするだけです。
この子も助からないのかな?と思いつつも、水分を必要かと思い、小さな雪の塊を籠に入れました。

昼休みも終わり、仕事が始まりました。
小鳥を気に懸けつつも仕事に追われ一時間がすぎていました。
雪玉が溶けて無くなっていたので、また新しいのを入れました。
入れるとき小鳥のクチバシに雪玉を近づけると・・・・
雪玉をクチバシで突くではありませんか!!!!!!!
そして、羽を広げてパタパタと・・・・・!!!!
もしかしたら!!!!私は小鳥をそっーと手の上に乗せてみました。
先ほどより、顔つきもしっかりして今にも飛び立ちそうです。
私は急いで外に出て、小鳥を木の枝に止まらせようと手を広げた瞬間!!!!!
小鳥は見事に飛び立ち、真直ぐ仲間のいる裏山の方へ飛んでいきました。
空は春色~風のさわやかな午後でした。

 空へ帰ることの出来なかった一羽は花畑の片隅で今眠っています。
今日小さな命の重さ改めて知りました。
小さな命、温かなぬくもり・・・・・クリスティもミミたんも温かい~・・・・・・・
そして、旅立った小さな命・・・・・
その命の重さも、ミミとクリスティ大事な家族の命の重さも皆すべてかけがいのないものだなと思いました。私の手には2羽の温かく小さな体の感触がまだ残っています。

 写真は小さな春を見つける天才!!!!
クリスティです~♪暖かくなってお散歩も以前にもまして楽しいらしく!何にでも興味津々!!!
寄り道の天才です(^_^;)
c0038983_23141765.jpg

[PR]
by shandy3 | 2005-03-24 23:17
ペペちゃんといつものように元気一杯に遊んでの帰り道に、突然ワンコ友達に
「シャンディの喉が異常に腫れている」
と言われ、すぐに病院に連れて行った・・・。
ここまでは、先週の土曜日に書いたよね。

それから・・・。
シャンパパはすぐにアメリカで獣医をしている義理の妹に電話をしたの。
すると
「この病気はすぐに手術をすれば治るので、あまり心配はしないように・・・。
ただし、場所が喉なのでちゃんと良い先生を選んでお願いするように・・・。」
との事。
それからついでに・・・
「シャンディは今11ヶ月、若し去勢の手術をする積りが有るのなら、この際時期も良いし、麻酔をかけついでに一緒にしたらどうか。
それとまだ乳歯も何本か残っているという事なので、それも抜いて貰った方が良い。」
というアドバイスを貰ったの。

そんな訳でシャンディは一気に「唾液腺切除」「去勢手術」「乳歯の抜歯」と大変な事になっちゃったの。

そして手術は翌日午後7時からという事になり、シャンディには何も食べさせずにお昼までに病院に連れて行く・・・という事になったの。
その時私が先生に
「シャンディは室内やケージの中では絶対に排泄はしないので、手術前に必ず一度外に出して下さいね。」
とお願いすると
「はい、分りました。でも、どんなワンちゃんでも我慢が出来なくなるとケージの中のシートに必ずちゃんとしますからご心配なく。」
と言われたので、安心してシャンディを病院に預けて帰ったの。
1週間位入院になるだろう・・・という事でした。

そして手術・・・。
シャンパパも私も、それはもう気が気では無かったわ。
「万一何か有ったら。」
と考えるだけで涙が・・・。
二人で祈るような気持ちで先生からの電話を待っていたの。
そして夜10時過ぎ
「無事に手術が終わりました。」
との電話に二人ともどんなにほっとした事か・・・。

翌日昼頃に先生からシャンディに面会を許されシャンパパと二人で会いに行って見ると
何と点滴の管に繋がれた哀れなシャンディがケージに寝ていたの。
「シャンディ。」
と呼ぶと、大喜びで起きて盛大に尻尾を振ってくれたの。
で、その時に、ふと思い出して
「先生、シャンディをあれからトイレに出してくれました?」
と聞くと
「あっ、忘れてた!」
皆でケージの中のトイレシートをチェックすると、何もしていないじゃないの~。
「こりゃ大変だ。奥さん、点滴を外しますのですぐに外に出して上げて下さい。」
大急ぎで抱っこをして外に降ろした途端・・・10メートルも有ろうかと思うほどの長~いおしっこをしたんだよ~。
そしてそのままウン〇モードへ・・・。
何と24時間以上トイレを我慢していたんだよ。
先生も看護婦さんもホントにビックリしていたわ。
こんなに長い間トイレを我慢していた子は今まで見た事が無い・・・って。
本当に可哀想だったわ~。
でも、偉いでしょう?
(^^)v

こうして無事に手術を終え、1週間ほど入院する筈が、経過も良く5日間で我家に帰って来たの。
シャンディは今まで何をされてもイヤだと言った事が無いの。
病院で入院している間の治療にもじっと耐えて、鳴き声一つ立てなかったんですって。
先生や看護婦さんにも
「シャンディほど大人しくて良い子は見た事が無い。」
って言われたのよ。

シャンディが入院していた5日間、病院まで徒歩5分の場所という事も有るし、この病院には「サニー」の時からずっとお世話になっているので、毎日お昼休み時間にはお見舞いに来ても良いとのお許しも有り、先生や看護婦さんにちょっとした差し入れを持って、毎日お昼休みの間中側に付き添っていたんだよ。
シャンディはずっと私に抱っこされて寝ていたの。

こうして5日後には元気に我家に帰って来ました。
でも・・・体中傷だらけ~!
喉の毛は切られて縫った後が痛々しく4センチほど、そして去勢、乳歯も二本残っていたそうでそれも抜かれてね~。
その上、この頃にはアレルギーも有ったから、お手手も真っ赤でしょ?
c0038983_16411231.jpg

シャンディが入院している間、毎日2時間位ずっと抱っこして付き添っていたんだけど、その時ふと、思ったの。
「この子は運命に逆らう事無く生きている。どんな運命もじっと静かに受け入れる子なんだなぁ・・・。長生き出来るかな~・・・。」
ってね。
そのシャンディも1月で8歳になったんだよね~。
体重も何と7.8キロと超優良児・・・。
^_^;
でも、ホントに良い子のまま元気に育ってくれて、ホントに良かった!
c0038983_1715014.jpg

[PR]
by shandy3 | 2005-03-23 17:06

クリスティの巣

はなこっちの家には「クリスティの巣」と呼ばれる場所があります
クリスティの巣、本当はミミたんのベットだったのですが、ミミたんが気に入ってくれなかったので、長年おもちゃ入れとして使用されてきました。
クリスティが来てもその役割は同じでしたが・・・・・・
ミミたんは、クリスティにお気に入りのおもちゃを全部奪われてしまったので、今はどちらかというとクリスティのおもちゃ箱です。
クリスティはミミたんのおもちゃをGETするまでミミたんを執拗に追いかけます。
本当にお気に入りのおもちゃはミミたんはなかなかGETさせてくれないのですが、ミミたんが遊びあきてポイするまで、あきらめないので最後にはクリスティGETできるのでした。
GETしたものをクリスティはおもちゃ箱に片付けてくれます。
・・・ムフフ・・良い子、良い子♪=*^-^*=にこっ♪
c0038983_0434827.jpg

そして、写真の様におもちゃ箱のなかに入り、大切なおもちゃを見張ります。
そう!クリスティが此処に入っているときは何かgetした時なのです。
では、今まで「クリスティの巣」から見つかった盗品の品々のリストをあげてみましょう。
トイレのスリッパ、靴、はなこっち父の靴下、父の○ンツ・・・・・ううっ臭いものばかり・・
石鹸、小さなシャンプーボトル(未開封)髭剃り(未開封)石鹸入れ・・・シャンママさんの家にいたころの名残だろうか?
風呂場に忍び込むのが好きなのです。
みかん、みかんの皮、牡蠣の殻(裏口に忍び込んでGET)、その他もろもろです。
今でも、スリッパと靴以外はクリスティにとって自分のおもちゃという認識があるので、GETされないために注意が必要です。
そんなわけで、はなこっち父はお風呂に入る時キチンと汚れ物を洗濯機に入れるようになりました。
クリスティが物をGETするとうれしそうに持ち歩き、「クリスティの巣」に保管し温めるからです。
「クリスティの巣」最近チェックを入れてないのでこれから、チェックを入れてきます。
さて、どんなブツがGETされているやら?
[PR]
by shandy3 | 2005-03-22 00:46